貧乏でも負けない!クマ対策をしよう

あなたは、目のクマが気になる人ですか?
それとも、気にならない人でしょうか。
クマといっても、寝不足によりできてしまったクマとは少し違います。
では、どんなクマかと言いますと、歳を重ねることで自然にできてしまったクマのことです。
ここでは、そんなクマが気になる人へ情報を発信していきたいと思いますので、最初の質問で「Yes」と答えた方はぜひ参考にしてみてください。
「No」と答えた方も、参考までにに読んでいただけると嬉しいです。

 

というわけで、はじめまして。
私は20代の貧乏女子です。
仕事はしていますが、どうしてもやりたい仕事ができる職に就きたいという思いで働いているため、お給料はそんなに高くありませんし、その上勉強するのにお金がかかるため、美容に使えるお金が少ないのです。
でも、きっと同じ思いをしている女性は意外といるのではないかなと思っています。
そんな女性の皆さんとともに、自力で目元のクマを改善して若返りたいと思っている次第です。
「変な人」と思う方もいらっしゃることでしょう。
否定はしませんよ。
よく言われますからね。
でも、私自身別にこの生活で満足していますので、そこは悲観せず前向きに生きているんだな〜と思っておいてくださいね。

 

 

さて、貧乏には貧乏の悩みというものがありまして、ほしいものはほぼ買えないという生活がもう当たり前となっているのですが、怖いのが麻痺。
これが当たり前になってしまうと、自然と何でも安い方へと流れてしまうのです。
服やバッグ、そして化粧品さえも…。
服やバッグならまだしも、直接肌につける化粧品を安いもので賄うようになってしまうってとても怖いことです。
私はまだ20代。
人生これからです。
化粧品の工夫をするのはいいと思うのですが、安いだけの化粧品に流されてはなりません!
同じくらいの年代の子で、100円の化粧品を使用している子がいます。
本人は、「100円でも全然大丈夫!」なんて言っていますが、そのお肌は結構ボロボロです。
その子を見て、安かろう悪かろうではいけない!と思ったのです。
もちろん、その子にも伝えました。
そして、今は2人で安くても質のいい化粧品を研究中です。

 

そんな私たち貧乏女子から皆さんに一言申し上げたいのが、「化粧品だけは絶対に安いだけのものを使用しないでほしい」ということです。
安いだけの化粧品は、健康なお肌にダメージを与え続け、気が付かないうちに蝕んでいるのです。
そして、気付いた時にはアトピーになってしまったり、お肌のトラブルが起こる危険性を秘めています。
もちろん、全ての化粧品が悪いとは言いませんが、できるだけ顔に直接つけるものはきちんと精査した方がいいでしょう。
貧乏でも、最低限のお金は惜しまないようにしてくださいね。

アイクリームでクマ対策!

クマ、クマ、クマ…。
気が付いたら、目の下がどんより暗い…。
これって、不健康な印象を与えますし、鏡を見るのも嫌になりますよね。
いつからできてしまったのか、私の何がいけなかったのか…。
なんとなく思い当たる節はあるものの、すぐには認めたくないのが本音です。

 

ともかく、クマ対策をすぐに始めたいけれど、何せ貧乏なものですから…そんなにお金をかけずに行いたい!
流行りの化粧品を使用してみたいけれど、高い!
私には高くて手が出せません。
そこで、おすすめなのがプチプラコスメです!
「え?プチプラって…安かろう…のアイテムはダメって言ってたよね?」とお思いの方、ただ安いだけのコスメと、プチプラコスメは違いますよ!
何が違うのかって?それは、プチプラコスメでも、きちんと見分けることができれば、なかなか優秀なアイテムがあるということです。
ただ安いだけのコスメは、それこそ添加物満載で、肌に悪いものもたくさんあります。
しかし、プチプラコスメは、そこまで安すぎず、広告宣伝費をかけていないものであれば、驚きの商品に出会えることもあります。

 

 

クマ対策のアイクリームでも、プチプラアイクリーム(目の下のクマ対策用)はあるのです!
しかし、よくよく見ていただきたいのが、防腐剤(パラベン)や鉱物油、合成着色料や合成香料が使用されているもの。
どんなに保湿力の高いものであっても、これらの成分が入っているものはあまりおすすめできません。
プチプラアイクリームであっても、そこそこのお値段するものであっても、どちらもです。
最近は、こういった添加物の入っていない化粧品、シャンプーが増えてきましたよね。
私の中では、こういったことのきっかけは、『ノンシリコンシャンプー』のような気がしています。
ノンシリコンから、パラベンもよくないとなり、そして着色料や香料なども無添加のものがどんどん増えていったような気が…。
思いすごしかもしれませんけどね。

 

さて、プチプラアイクリームを発見できたら、まずは試供品を使用してみましょう。
ドラッグストアでもいいのですが、店舗販売のものは結構添加物が入っているものばかり…。
そこでおすすめなのが、試供品を探せるサイトや、アプリ。
ウェブやアプリ検索の際に『化粧品 試供品』などで検索してみてください。
私もたまに使用しています。
全員が試せるものもありますが、抽選のものもあったりして、そういうのが当たるとまた嬉しいものです。
貧乏生活には、試供品も立派な生活の糧となりますからね。
まだまだ若い、20代〜30代の方でしたら、プチプラコスメでも全然いけると思います。
ただし、もともとお肌が弱い方や、アトピーなどがある方は、プチプラよりも皮膚科や美容部員の方に相談してからコスメを選ぶことをおすすめします。
貧乏でも、皆さん一緒にキレイになりましょう!

目の下のクマの原因って?

ところで、目の下のクマの原因っていったいなんだと思いますか?
私は、冒頭でもお話したように、勉強をしているため、毎日寝るのが2時過ぎ…所謂お肌のゴールデンタイムを逃しているだけではなく、起きるのは6時なので、3〜4時間しか眠れていないため、睡眠不足でもあります。
さらに、勉強のために夜遅くまでPCと向かい合っている、日中も基本はデスクワークのため、PCやタブレット画面と睨みっこ…目を休める暇がない…この生活をもう3年も続けているのが原因だろうなとは薄々実感しています。

 

しかし、実はこれだけではなかったのです。
私は、目元の脂肪はあまりないので、気にしていなかったのですが、クマにも色々と種類があるのです。
たとえば、血行不良が大きな原因であったり、脂肪が原因であったり、色素沈着が原因であったり、凹みやくぼみが原因であったり…。
これらの原因により、クマの色が変わってくるのですって。
これには、クマ歴3年の私もびっくりです。
ちなみに、私は血行不良が原因の青ぐまちゃんです。
タイプ別のクマについて簡単にお伝えしますね。

 

 

血行不良による青ぐまちゃん

<原因と症状>

  • 冷え性
  • 色白
  • PCやスマホ、タブレットを使用する仕事をしていて、目を酷使している
  • 睡眠不足
  • ストレスがたまっている

 

脂肪のたるみによる赤ぐまちゃん

<原因と症状>

  • クマが影になっていて、目の下が黒い
  • 目の下の皮膚や脂肪がたるんでいる
  • 目の下のふくらみが目立っている

 

色素沈着による茶ぐまちゃん

<原因と症状>

  • クマの色が何となく茶色っぽい
  • アイメイクを落とさずに寝てしまうことがある
  • よく目をこする
  • お肌がくすんでいる

 

凹み・くぼみによる黒ぐまちゃん

<原因と症状>

  • 目の下がくぼんでいる
  • 頬がたるんでいて、目の下が貧相
  • 顔全体的に重たい感じで、老けて見える
  • クマの色が黒っぽい

 

どうでしょうか。
皆さんはどのクマちゃんに当てはまりますか?
20代30代の人の多くは、私と同じ青ぐまちゃんの人が多いのではないかと思います。
まだ比較的お肌が若く、ある程度の無理がきくからです。
しかし、年齢を重ねると黒ぐまちゃんにもなりかねませんので、注意してください。
目のクマの原因によっては、簡単に対処できなくなってしまいますので、早いうちにその危険を回避しておいた方がいいでしょう。
若い人だと、青ぐまちゃんの他にも、気を付けたいのが茶ぐまちゃん。
メイクを落とさずに寝てしまい、そのまま色素沈着がどんどん進んでいってしまうと、茶色いクマがでてきてしまいます。
紫外線も、茶ぐまちゃんの原因になりますから、しっかり日よけ対策はしておいてくださいね!

 

目のクマがある人は、放っておいてもこの先よくなることはありませんから、自分のクマの種類と原因を知り、その対策をしっかり行うことが大切です。

クマに効くアイテムをご紹介!

クマに有効なアイテムは、いくつかありますが、クマなどの目元の悩みに効くおすすめのアイテムをご紹介したいと思います。といっても、限定はせずに、選び方のコツや比較の仕方など、をお伝えしたいと思います。

 

クマに効くアイテムは、大きく3つに分けられるのではないかと思います。

 

 

アイクリーム

これは、知っていると得するアイテムであり、目元のケアとしては持っていたいコスメの一つです。
クマだけに限らず、小じわだったり、たるみだったり、目元の悩み改善アイテムとしておすすめです。
多くのアイテムが販売されていて、何がいいのかわからなくなってしまいがちですが、貧乏女子の私はプチプラアイクリームを探すのに、各アイテムの販売元専用サイトだけでなく、楽天なんかも結構おすすめです。
口コミを見て比較検討できることや、別のアイテムを探すことができること、ご存じのように価格で絞り込むことができるので、貧乏女子は一度覗いてみるといいと思います。
プチプラコスメは1000円程度からありますが、ここで気を付けたいのが、添加物などの成分表。
よく見て検討してくださいね。

 

 

美容液

こちらも、プチプラコスメがあります。
目元専用のコスメがあり、なかなかおすすめですが、プチプラ美容液は比較的若い子に人気のアイテムです。
アイクリームと比べると、人気は断然アイクリームの方が高いのですが、意外に役立つアイテムかもしれませんし、美容液の方が肌に合うという人もいますので、よく比較してみてください。

 

 

アイマスク

最近は結構定番アイテムになっているのではないでしょうか。
ショッピングサイトだけでなく、ドラッグストアにも専用コーナーが設けられているところもあります。
血行不良によるクマには有効なアイテムとなり、また価格も安い!
使い捨てタイプも、レンジでチンする再利用タイプもどちらもおすすめです。

 

 

目のクマ対策商品はだいたいこんなところだと思います。
3つ全部使用してもいいですし、まずはアイクリームから試してみるというのも有りだと思います。
アイマスクも、毎日使用するのであれば使い捨てタイプよりも再利用できる方がコスパがぐんと上がります。
たまには香りつきで楽しみたいという人もいるでしょうから、併用してもいいかもしれません。
いずれにせよ、リラックスは大切です。
コスメにしても、評価がいいと思って購入したらあまり自分には合わなかったけど、もったいないから使うというのは、逆にお肌にも自分にもストレスを与えやすいので、合わなければスパッと他へ切り替える勢いを持っておきましょう!
合わなければ、オークションなどで出品すればいいと思いますよ!

更新履歴