目のクマ ケア

目のクマに有効なケア

目のクマに有効なケア

目のクマ対策として、食べ物の他に、もっと手軽にできることはないのでしょうか。
できればお金をかけずにできるケアがあるなら知りたい!という方へ、私調べましたよ!
お金をかけなくても目のクマ対策ができる方法はあります。
そこで、やっぱりタイプ別にご紹介したいと思います。

 

 

青ぐまちゃんタイプ

まずは、青クマですが、血行を促進することが一番有効だと言われています。
アイクリームをたっぷり使用して優しく目の周りのマッサージを行う、入浴をしっかり行って汗をかく、ジョギングやウォーキングなどの運動を行うことで血流がよくなりますので、体を動かしたり、汗をかいたりすることを意識してみましょう。
マッサージを行う際には、決して擦らないようにするのがポイントです。
擦ることで、茶クマになってしまっては元も子もないですから、気を付けましょう。
また、飲みものや食べ物はできるだけ温かいものを選ぶようにして、体の芯から温めてあげることを意識しましょう。
ホットアイマスクや蒸しタオルで目元を温めてあげるのもおすすめです。

 

赤ぐまちゃんタイプ

赤クマの場合も、青クマ同様にホットアイマスクや蒸しタオルでの血行促進はおすすめです。
また、睡眠をしっかりとる、シャワーでなくしっかり入浴して汗をかくなどを意識しましょう。
たるみ予防として、目の筋トレを行うのもおすすめです。
目頭に中指を乗せて、目尻に人差し指を置き、上を見ながら下のまぶたを縮めるように意識してみる筋トレです。
縮めたり、緩めたりを毎日10回くらい行うと効果が出やすくなります。

 

茶ぐまちゃんタイプ

茶クマは、なんと言っても目を擦らないようにする、メイクを落としてから寝る、そして紫外線対策をしっかり行うことが大切です。
特に、紫外線は一年中ありますから、日傘や帽子、日焼け止めクリームでしっかり対策しておきましょう。
そして、化粧品や食べ物からとにかくビタミンCを意識することをおすすめします。
内側からも、外側からも徹底的にビタミンCをとり、お肌のターンオーバーを促しましょう。

 

黒ぐまちゃんタイプ

黒クマはやっぱり加齢によってできることが多いため、日常生活でよくなることはなかなか難しいところではあります。
化粧品にコラーゲンが配合されたものを使用したり、あとはツボ押しがおすすめです。
黒クマに効くツボは、こめかみ部分のツボ。
そして、目の下の中央から親指一本分下にあるツボ。
どちらも、少し力を入れてぐっと押してみましょう。

 

 

クマはタイプ別によって、原因が大きく異なってきますので、自分のタイプに合ったケアをしっかり行っていかなければ意味がありません。
茶ぐまちゃんのように、紫外線対策を行うのは皆さんやった方がよいことですが、まずは自分のタイプに合った対策をしっかりと行ってください。
特に、血行不良は他の病気を引き起こす可能性もありますので、私みたいにあまり睡眠不足、PCと睨めっこしっぱなしの生活には十分注意してくださいね。